上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(*'-')けいとんです。
いろいろ思い返してみたことを書いてみマス。

■L4 らぶせぴSWのWIZ地帯EMC

落城のきっかけとなったのがこれです。
ボクは当然プリなので側にいました。たぶんとめるべきだったのはボクです。

その前のHDEMCやHWEMCは余裕で反応できて、なぜこのEMCはとめられなかったのか?
ただの言い訳になるので余り書きたくはないのですが、それでも書いちゃおうと思います。

◆要因1 突撃力と耐久力
らぶせぴ同盟は非常に耐久力が高く(ジークによる防御も含む)、L4のER入り口はほぼらぶせぴ一色に染まっていました(SSなしで申し訳ない。)
プリとしてはそこからの攻撃対策、リカバリー。リンカーとしてカイトカウプの徹底。
指揮担当として、後衛LPの維持等にボクの少ない能力を奪われていました。

◆要因2 見えない影響力
らぶせぴ同盟にはHUNK氏という腕利きのチェイスマスターがいます。もちろんIRCでも警戒令がだされていました。
これにより少なくともボクの頭の中からノピティギEMCが消えていました。

◆要因3 味方戦力の把握不足
傭兵である以上仕方がないことではあるのですが、味方がどれだけ動けて裏EMC対策ができるか不明であったため、バックに仕事を任せ切れなかった。


■総括
一言でいってしまえば意識の散漫にあると思います。
これは、「ジーク突撃」「WP制圧」「裏EMC」「ノピEMC」などの有効といわれる戦術をうまく組み合わせて、防衛側に対策の的を絞らせないというらぶせぴ同盟のうまさになるのかな。

正直、くやしいです(;-`ω-)
戦力的にあれをとめられたとしても、落城は免れなかった気はしてますが、あれはとめるべきEMCでした。

今後もボクはハイプリでしょう。後衛担当でしょう。WIZ地帯EMCは絶対にさせない。そうなれるよう精進していきたいと思います。
スポンサーサイト

2008.03.18 Tue l WoE記録。 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。